【参考音声/動画付】日本にいながらバイリンガルを目指す我が子(2歳半)の英語習得状況公開

読者様より実際我が子がどれくらい話せるのか知りたいとリクエストいただいたので、ご参考までに二本の動画をアップします。

バイリンガルを目指した育児では、2歳8ヶ月の娘に、これまで英語の絵本の読み聞かせや、英語で話しかけたり、ビデオを見せてきましたが、それが現在どのような習得度合いなのかを見ていただき、参考になればと思います。

Alphabet アルファベット A to Z

Counting Numbers 数字 1 to 20

これまで取り組んできたこと

英語の読み聞かせ

できるだけ毎日英語の絵本の読み聞かせを行ってきました。英語の絵本を子供に見せることで色々な新しい言葉を聞かせることができます。

今現在、私が思い出せない単語が出てきても子供がいつの間にかその単語を覚えていることがあり、びっくりします。

現在の子どもの英語の理解力や何に興味があるのかなども知ることができますので、絵本の読み聞かせはとても大事だと感じています。

忙しかったり、時間がない場合は、Youtubeの英語の童謡を聞かせていることも多いです。

英語で話しかける

家では英語で話すようにしています。私はネイティブスピーカーではありませんので、100%英語で話すことは難しいですが、自分がわかる限りの英語を使って子供に話かけるようにしています。

例えば、ご飯を食べるときには「席に座りなさい」「テーブルには座ってはいけません」「スプーンはどこ?」「これは何?」そんな簡単な会話を子供としています。

これから取り組みたいこと

英語の読み聞かせを続ける

英語の読み聞かせは継続して続けていこうと思っています。大きくなるにつれ、どんどん本を読むことが楽しくなってくると思いますので、本の読み聞かせは続けていきます。

文章で理解させる

今まではイラストをみて、イラストに出てくる動物の動作や感情などを英単語で簡単に読んでいた時も多いのですが、これからは文章を指でなぞりながら、英語の文章を子供に理解させたいです。

自分の名前をアルファベットで書く

まだ線もまっすぐかけず、クレヨンでの色塗りも上手ではないですが、私がアルファベットのAを紙に書くと子どももAといいながらぐちゃぐちゃの何かを紙に書いています。彼女なりにAを書いたつもりだと思います。アルファベットの字を書くことに興味を示しているので、自分の名前は早く書けるように練習させたいです。

まとめ

小さい頃から英語をにどっぷり浸けることで、綺麗な発音になっているなと感じてます。ありがたいことに保育園の先生からもたまにお褒めの言葉をいただきます。日本にいながら、日本人でバイリンガルにする為に、私たちが実践している成果が動画のような感じです。日本語も含め、まだまだこれからですが、参考になればと思います。その他の記事もよければご覧ください。

友だち追加

Follow me!